前へ
次へ

社会人になってから受けるべき教育

近年、ハラスメントなどのトラブルが多発しています。やっていいことと悪いことの区別がつかないからこそ、トラブルが起きてしまいます。また元々加害者が持っている性格も大きく影響をしているようです。ハラスメントの加害者になる人の共通点に誰からも認められていない、ということがあるそうです。自分は誰からもどんな点も認められていない、ということが他人への攻撃に繋がってしまう、ということがあります。何か1つでも誰か1人でもいいから認めてくれる人がいればいいのですが、それがないからこそ、他人に攻撃をして自己満足の世界に浸ってしまうという傾向もあります。ですからまず企業でもハラスメントが起きないように、社員1人1人のことを知って会社によって必要な人材であることを認めることが必要になります。また本人の意識改革を行うためにも教育を行って、善悪の判断ができるようにしなければいけないのかもしれません。社会人でもマナーとして教育を受ける必要はあります。

Page Top