前へ
次へ

押し付け教育の弊害と適切な対処の仕方

押し付け教育の弊害が指摘されており、子どもにとって自由な環球が大事だということが分かっています。学校に行きたくない場合は、単なる怠け心が原因ではありません。身体的な不調の原因となっているのは、もっと複雑な背景があると言えます。子どもを強制的に命令に従わせるのは、逆効果になる面が強いものです。不登校の子どもに対しては、一定期間の休養が必要になります。本能が休養を必要と判断しているので、不登校になると言われています。その場合には無理矢理に学校に行かせるのではなく、とりあえず休養期間を設けることが最適になります。本能的に十分な休養ができれば、自然と学校にも行きたくなると言われています。現代社会は大人であっても子どもであっても、生きづらさを感じやすくなっています。ある意味で弱者である子どもにしわ寄せが及ぶ面があります。子どもは敏感なので、そうしたしわ寄せに対して防衛本能が働きます。兎に角、押しつけ教育だけは避けるべきだと言えます。

Page Top