前へ
次へ

幼児から行っておくべき教育は何か

幼児のうちから教育を行う、ということは必要なのかもしれません。しかしその子の才能を開花させるための英才教育が一番大事というわけではありません。心を育てる教育を受けさせたほうが、人として成長をすることができますし、他人の気持ちを考えることができる子どもに育つと言われています。自宅にこもっているのではなく、出来るだけ多くの人に触れたり、様々な場所に連れ出すことによって、心の教育を行うことはできます。専門的な勉強をすることだけが幼児期に必要なことではありません。幼児教室に通って、同年代の子と触れ合うことも大切な教育です。大人になってからも自分さえよければそれでいい、という考えを持っている人がいますが、そういう人は子どもの頃にキチンとした教育を受けていなかったのかもしれません。勉強ができること、国家資格を取得することだけが正解ではなく、弱者に寄り添うことができる優しい心を育てることのほうがもっと大切です。

Page Top